« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月 8日 (日)

松江城

島根県パートⅡ

 

Dscn0217 どうしても行きたかったお城が松江城

というのも、現存12天守で唯一行ったことが無かったお城だったから。

 

現存天守は、

弘前城(青森県弘前市)
松本城(長野県松本市)
丸岡城(福井県坂井市)
犬山城(愛知県犬山市)
彦根城(滋賀県彦根市)
姫路城(兵庫県姫路市)
備中松山城(岡山県高梁市)
松江城(島根県松江市)
丸亀城(香川県丸亀市)
伊予松山城(愛媛県松山市)
宇和島城(愛媛県宇和島市)
高知城(高知県高知市)

どこのお城もカッコ良かった!!

 

Dscn0226 松江城といえば、 現存する五層天守として姫路城についで2番目の大きさを誇っている。

宍道湖をのぞむ優雅な天守  カッコいい!

Dscn0241松江堀川遊覧船

水の都・松江ならでは!松江城を囲む約3.7kmの堀川を、小舟に乗って巡る観光遊覧船。橋のくぐり抜けでは、船の屋根が下がってきて楽しかった!船頭さんのガイドも面白い。

Dscn0251  
お堀の上から天守を撮ったのがコレ!

こんな経験は中々出来ないかと。

 

ビバ!小泉八雲!

 

---お城DATA---

松江城(別名:千鳥城)

所在地  島根県松江市殿町

築城年代 慶長十二年(1607)

築城様式 近世大名の居城

地形種類 平山城

主要城主 堀尾氏・松平氏

遺構現状 天守、石垣、堀、復元櫓、城門 他

ポイント  木彫り青銅張りの鯱は、日本現存の木造のものでは最大

| | コメント (2)

2008年6月 1日 (日)

月山富田城

ゴールデンウィークの前半戦は山陰に一人旅してきました!

島根県パートⅠ

 

目指すは月山富田城!!

月山富田城といえば、戦国大名尼子氏の本拠。

尼子経久の代には、その領国が山陰・山陽11ヶ国に及んだという。

 

小説山中鹿之介を読みながら月山富田城のある安来市に向かう。

安来市は、鳥取県の商都・米子市と島根県の城下町・松江市の間にあり、2005年に安来市伯太町広瀬町が合併したとのこと。

   

Dscn0256Dscn0277 近くまでバスで行き、後は根性で歩く。

山の麓にある歴史資料館で、100名城のスタンプをもらい、山を登る。かなりキツイ!

 

  

Dscn0268

←山中御殿平

汗だくです!

 

Dscn0263  

山中鹿介幸盛 銅像

『我に七難八苦を与えよ』
で有名な武将
 
   

    

グレート!富田城

 

---お城DATA---

月山富田城(別名:月山城)

所在地  島根県安来市広瀬町富田

築城年代 文治元年(1185)

地形種類 山城

主要城主 尼子氏

遺構現状 城址、石垣、土塁

ポイント  関ヶ原の合戦後に入城した堀尾吉晴が、慶長十六年(1611)に松江城に移り廃城となる。

 

英雄にっぽん―小説 山中鹿之介 (集英社文庫) Book 英雄にっぽん―小説 山中鹿之介 (集英社文庫)

著者:池波 正太郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »