« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

じゃがポックル

061106_195201 うわさのじゃがポックルを食べてみました。

東京の友人から「じゃがぽっくる」食べたいとメール入ったのがキッカケ!

「なに?それ?」と尋ねると、なかなか手に入らない菓子だという。

北海道の空港でしか売っていないらしい。

 

061106_195202

←箱の中には、このようなパックが10個入っている。

友人曰く、コンビニで売っているジャガビーというお菓子は似た味とのこと。(試しに食べてみた。美味かった)

1箱 ¥840円

釧路空港で一人1箱のみで売っていました。

結構、在庫もあったので、本当に珍しいのかな?という感じがしました。(たまたまかもしれないけれど)

ビバ!釧路空港!

| | コメント (2)

2006年11月25日 (土)

新発田城

この前、新潟に帰省しました。パートⅡ!!

↓ ↓ ↓

お城のハシゴと思い新発田城を目指す。

この新発田城、一番通っているお城だと思う。(サッカーで言うところのホームかと・・・)

もちろん大好きなお城!

久しぶりのホームでドキドキ。

この新発田城は、平成16年に御三階櫓(天守の代用)と辰巳櫓が復元され、更に好きになったなり!Dscf0057_1Dscf0059

←これが御三階櫓(天守の代用)。

写真では見にくいが、海鼠(なまこ)壁も美しい。

この櫓の最大の特徴は、T字型の屋根と、その上に乗っている匹の鯱!全国で唯一なりね!

 

Dscf0053 ←手前から辰巳櫓(復元)。中央が本丸表門(現存)。

奥に見えるのが旧二の丸隅櫓(現存)

  

Dscf0056 ←旧二の丸隅櫓。本丸鉄砲櫓跡に移築されたもの。城内では、現存する唯一の櫓。海鼠(なまこ)壁が美しい。

この海鼠壁は、金沢城にも見られます。寒冷地仕様ですね。

これが原点!

  

Dscf0055 忠臣蔵で有名な堀部安兵衛は何と新発田出身。

グレート新発田城!

 

 

   

---お城DATA---

新発田城(別名:菖蒲城)

所在地  新潟県新発田市大手町

築城年代 慶長三年(1598)

築城様式 近世大名の居城

地形種類 平城

主要城主 溝口氏

遺構現状 城表門、二の丸隅櫓、復元御三階櫓、復元辰巳櫓、土塁、石垣、堀ほか

ポイント  海鼠壁が美しい!

| | コメント (0)

村上城

この前、新潟に帰省しました。

↓ ↓ ↓

お城不足を解消すべく村上城を目指す。

お城と言っても城跡なんだけど、大好きなお城!

臥牛山(標高135m)という小さい山自体を本丸としている。

山上にそびえる石垣が壮大!

Dscf0035

復元図の看板。

工事していた為、良い写真が撮れず。残念。

 

通称「七曲がり」と呼ばれる9曲がり山道を歩く。日ごろの運動不足からか結構キビシイ。

お城ファン?散歩してる人?と山道ですれ違う時には、「こんにちは」と挨拶!うん!気持ちいい。 

Dscf0037_1

この見事な石垣!

この迫力!

グレート!村上城!

 

       

Dscf0044

本丸からの景色。

日本海も見える!

     

Dscf0032

近くに武家屋敷や郷土資料館もある。

←「若林家住宅」

また、まいづる公園なる武家屋敷を移築した施設もオススメです。

 

---お城DATA---

村上城(別名:舞鶴城)

所在地  新潟県村上市本町

築城年代 元和四年(1618)

築城様式 近世大名の居城

地形種類 平山城

主要城主 村上氏、内藤氏

遺構現状 土塁、石垣、堀

ポイント  見事な石垣をぜひ!

| | コメント (2)

2006年11月23日 (木)

富山城

久しぶりのお城!そして、久しぶりのblog

パソコンの使えない場所での長期出張のため、blogの更新ができず・・・。

↓ ↓ ↓

先日、富山遠征しました。

目指すは富山城!

佐々成政居城のときの天正12年、富山からササラ峠を越え浜松の徳川家康を訪ね、豊臣秀吉を討つ話をしたことは有名らしい。

お土産はホタルイカ珍味(宇宙人みたいな姿)と、ます寿司に決定!美味かった!

Dscf0019

  お~、富山城!

 あくまで富山市郷土博物館かと・・・。

 

---お城DATA---

富山城(別名:安住城)

所在地  富山県富山市本丸

築城年代 天正七年(1579) 、 寛文元年(1661)

築城様式 近世大名の居城

地形種類 平城

主要城主 前田氏

遺構現状 復興天守、土塁、石垣、堀ほか

ポイント  復興天守の外観は、彦根城や犬山城などの現存天守を参考に設計されており、戦後の天守閣建設のさきがけとなったお城です。

| | コメント (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »