« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

江戸城

都会の人の多さにウンザリしながら江戸城へ。

江戸城に到着。

あ~、お城不足が解消されると実感。

城内に入る。ドキドキ、ソワソワする。

この気持ちは、理解しづらいと思うけれど、たとえて言うならディズニーランド好きの人と同じ感覚かと思う。

ディズニーランドとお城は似ていると思うのは僕だけか?

シンボルは“天守”と“シンデレラ城”

“ミッキー”と“侍”

“テーマランド(アドベンチャーランド、ウエスタンランドとかトゥーンタウン)”は“本丸や二の丸などの郭”

ビックサンダーマウンテンはないけれど、隅櫓や門などがある。

向こうがディズニーシーなら、こっちはお堀。

お土産だってお城の売店はショップに負けない充実ぶり!

やっぱり大好き!お城!お城!お城!

P1000085江戸城は、とにかく広い。

天守台石垣もすごい迫力。

 

P1000087 赤穂浪士で有名な松の廊下跡。

(何度も来ていたのに今回初めて存在を知った) 

 

P1000088有名 な富士見櫓

(本丸側から撮影)

 

まさに都会のオアシスなり。

 

---お城DATA---

江戸城(別名:千代田城)

所在地  東京都千代田区

築城年代 長禄元年(1457)創築、天正十八年(1590)より

築城様式 大名の居城、幕府の居城、政庁

地形種類 平山城

主要城主 徳川氏

遺構現状 本丸、西の丸、櫓、城門、土塁、石垣、堀ほか一部公開

ポイント  ご存知、皇居。日本第一の規模を誇る巨大な名城。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

印籠

前々から印籠が欲しかった。

(印籠と言っても、昔はよく、お城の売店で売っていたプラスチックのガサいもの)

知り合いに相談したところ、浅草なら売っているのではと言われ、浅草の仲見世に行く。

修学旅行の生徒さんやお年寄り、外国人観光客で賑わっていて、すごい熱気。

060730_121051プラスチック印籠を発見。

さすが浅草!

お土産屋さんに模擬刀なんかといっしょに売っていた。

わざわざ浅草まで来た甲斐があったと、印籠を手にレジに並ぶ。

前の客は外国人観光客のようす。

色々とお土産を買っている。店主が電卓でいくらと説明している。

言葉が通じなくとも買い物はできるものねと考えながら順番を待つ。

僕の番が来た。

お金を払う。印籠をもらう。

すると店主がThank you!と一言。

 

えっ?俺、日本人だけど?

 

 

特に否定もせず、無言で店を出る。

 

僕は外国人に間違えられることがある。そして歌う。

“もうひとつの土曜日”を。

ビバ!名倉!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小田原城

東京での用事を済ませ、小田原へ。

久しぶりのお城ということでドキドキする。小田原駅を出ると、小田原城天守が見えた!

小走りでお城へ向かう。5分ほどでお城へ。

北条早雲にはじまる北条氏5代の居城、あの上杉謙信や武田信玄をも退けた難攻不落の名城は、城郭都市的な構想をもって城下町全体を防御するという日本では唯一のお城。

今、そこに立っている。あ~、感動!

P1000067写真をカシャカシャと色々な角度から撮りまくる。今回はいつも使っているデジカメではなく、ズームなしのデジカメだったため、使い勝手が悪い。(カメラ買うときには、お堀をはさんで写真を撮ることを考えズーム付きを選んだ)

P1000057

本丸に到着する。奥には、甲冑を貸し撮影してくれる小屋もある。

まずは、天守内にある歴史資料の展示室を見ようと券売り場へ行く。

ガーンときた。うそでしょ。閉まってる。16時30分で閉館とのこと。(この時期の土・日は18時まで)うっかりミス。この日は平日。下調べしたつもりだったのに・・・。他の施設も閉まっている。もちろん甲冑レンタル小屋も。

本丸内にちょっとした動物園があった。

臭かった。ホント参る。

 

  

---お城DATA---

小田原城(別名:小峰城)

所在地  神奈川県小田原市城山

築城年代 明応四年(1495)より

築城様式 戦国大名の居城、のち近世大名の居城

地形種類 平山城

主要城主 北条氏、大久保氏

遺構現状 復興天守、城門、土塁、石垣、堀ほか

ポイント  甲冑を着ての写真撮影もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ザ・コレクターズ20周年記念アルバム

僕の大好きなザ・コレクターズのニューアルバム『THE ROCK’N ROLL CULTURE SCHOOL~ロック教室~』が7月26日発売される!!

デビュー20周年とはすごい。僕は高校から聴きはじめファン歴は十数年。

内容はというと、06年でデビュー20周年を迎えるザ・コレクターズが、自らがリスペクトするアーティストたちの提供楽曲(新曲)をカバーするという〈逆〉トリビュート・アルバムをリリースするというものらしい。本作には會田茂一、奥田民生、GOING UNDER GROUND、サンボマスター、スネオヘアー、曽我部恵一、堂島孝平、BEAT CRUSADERS、The Pillows、真島昌利らが楽曲を提供し、アンサー・ソングとして自分たちのオリジナル新曲を含む計11曲を収録。楽曲を提供したアーティストもレコーディングにも参加した、超豪華スペシャル企画とのこと。

ホント楽しみなり!!

 

THE ROCK’N ROLL CULTURE SCHOOL~ロック教室~ Music THE ROCK’N ROLL CULTURE SCHOOL~ロック教室~

アーティスト:THE COLLECTORS
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2006/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

札幌

週末、特急まりもで札幌へ。今回は日帰りなので、ゆっくりできないが。

しかし、この特急まりもは、なかなかキツかった。寝台なら楽なのだろうけれど、椅子で寝るのが大変。隣の席が空いていたので、斜めになりながら寝る。寝辛い。他の人もずいぶん苦労している様子。小柄の人はくの字で小動物のように寝ていた。

朝5:50に札幌駅に到着。(なんだかんだ言っても爆睡していた)

午前から講習が終わり、もうクタクタ。

昼飯には、札幌名物のスープカレーを食べるべく狸小路へ向かう。(僕はカレー大好物。バーモントカレー命のカレークック!)

スープカレーは興味はあった。釧路にも最近、スープカレーの専門店ができたらしいが、一度も行ったことはなかった。

せっかく札幌へ行くのだからと美味しいもの食べたいと、会社の後輩(元札幌人のロック好き)に相談する。大通り付近で、一人でも気楽に入れるところでオススメを聞く。

今回行った店は

[ouchi](おうち)

060715_143636狸小路アーケード7のはじっこにあるオシャレなお店。

あまり札幌の地理に詳しくない人でも探せると思う。

アベックや友達のグループ、そして1人できている男の人もいる。

雰囲気いい。流れている音楽も良い感じ。

060715_143715_1

スープカレーは「さらさら」「とろとろ」2種類あるとのこと。

僕は「とろとろ」の角煮カレー\950を注文する。

恥ずかしかったけど店員さんにどうやって食べるか聞く。「ごはんにスープカレーをかけるの?」と聞くと、それでもいいし、ごはんををスープカレーに浸してたべても良いとのこと。とっても美味しかった。(カレーとは違う食べ物という感じ)満足、満足。

帰りの汽車の時間を気にしながら、買い物する。しかし、人が多い。お祭りかってくらいに。

バーゲンも終盤だしなぁと街をブラブラ。

気に入ったベルトがセールで半額。結局、買ったのはこのベルトだけ。

アピア?エスタ?ステラプレイス?えらく迷う。

エスタ?にあるたい焼き屋を発見。買おうと近づくとすごい行列。断念し、お土産買いに大丸の地下へ。ハンパじゃなく混んでいる。なんとかお菓子を選ぶ。

前の女性がやっと会計を済ませ、さて僕の番!金を払おうとすると、ジジィが割り込み。ホント参る。

札幌!万歳!060715_171054

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

7月15日

3年前の7月15日、初めて営業をした思い出の日。
その日は、とても良い天気だった。暑かったと思うけど、暑さはあまり覚えていない。

ただ本当に青空で営業初日にはもってこいだと思った。

目指せ!新規先開拓!と営業車カローラ(この相棒とも初顔合わせ)に乗り込む。
PRする製品は1つだけ。1品だけだから製品の知識も何とか頭に叩き込んだ。

よし!(気分的には、いざ出陣!)頑張るぞ!と新規訪問先の駐車場に車を停める。
ここにきて急にビビりだす。ビビっても仕方ないと深呼吸して訪問開始する。

「失礼します」 と受付へ。自分でも緊張しているのが分かる。声が上ずる。会社説明し、発注担当者に面会したいと話す。引きつった笑顔でカミカミの説明をする姿は誰が見たって怪しすぎる。

受付の女性も僕の緊張感が伝わったのか、緊張した面持ち。(ただ単に、引いていただけかもしれないが)

受付が「今確認してくるので・・・」と担当者に聞きに行く。

結果はというと、「担当者は今、手が離せない」というソフトな言い回しで断られる。

カローラに戻って、一服。「よく逃げずに頑張った」と自分を褒める。いや~、参った。参った。自分では、話好きだし営業には向いていると思ったのに・・・。ちょっぴりショック。

気を取り直し、営業再開。

「次はここか」と新規訪問先の受付へ。相変わらず、引きつった笑顔で説明する。

なんと、社長さんが会ってくれるとのこと。

「今日が初営業です」と挨拶する。そして準備していた製品の資料と説明をする。あっという間に説明が終わる。あれっ?一気にしゃべりすぎた?だって緊張してたし。

社長が微笑みながら(少々引いていたようにも見えたが)、やさしい口調で、製品にではなく、僕のことを聞いてきた。

前はどんな職業?から始まり、学生時代に熱中したことは?など、僕が話しやすいことを聞いてくる。学生時代にはパチンコが好きで狂っていたことや、あげくお城好きということまでベラベラと話す。話し終えてスッキリ。「また、違う商品をPRしにお邪魔します」と伝え、帰ろうとすると、社長さんが「(今回PRした製品を)1つ持ってきて。これで初売上だね」と一言。

感動した。ホント感動。格好良すぎるよ、社長!絶対今日の感動は忘れない、この日を忘れないと思った。

会社に電話し売れたことを伝える。会社の皆も喜んでくれた。なんだかとってもうれしい。営業の喜びというものを知った。

昼時間も過ぎていたので、弁当を食べる。天気も良いからと近くの公園へ行く。

自然とニヤけてくる。

公園の緑がまぶしかった。060714_121922

 

 ホントは昨日書かないとね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

人志松本のすべらない話

先週の中頃から風邪を引き体調が悪かった。週末には、ついに(熱が下がらず、体もダルく)会社を休む。(3年ぶりの風邪)

いつもなら調子が悪くなると、風邪薬と栄養ドリンクを飲んで早く寝る。→次の日には治ったという感じが今回は違った。

健康が一番としみじみ思いました。

先週書きたかった記事がコレ!

↓↓↓

北海道地区のUHB(フジ系)で「人志松本のすべらない話」第6弾が放送された。(本州では6月26日に放送されたみたい)

番組改編の時期(3ヶ月くらいおき)の深夜に松本人志(ダウンタウン)、千原ジュニア(千原兄弟)、ほっしゃん。、宮川大輔、河本準一(次長課長)などが、すべらない話を披露するだけというとてもシンプルな番組。もちろんすべてのお話は実話らしい。この番組のファンは多いはず。(会社の女子社員も大好きだって!)

ホントお奨め!!DVDが発売となったので観てみて!(レンタルあれば良いけど)それも第1弾、第2弾の放送分!

僕は第1弾の宮川大輔の話聞いて、次の日に思い出し笑いしたくらいなり。

人志松本のすべらない話 DVD 人志松本のすべらない話

販売元:アール・アンド・シー
発売日:2006/06/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最後に今回の第6弾は『あのすべらない話をもう一度』というスペシャル企画でした。

会社休んだ日にゆっくりとビデオで楽しみました。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年7月 4日 (火)

道の駅厚岸グルメパーク

営業をやっている僕にとって、月末はちょこっと忙しい。(売上が目標の数字に達していれば余裕なのだが)売上不足の僕は、最後まで売上を求めて営業する。

先週は、6月最後の週。ネバーギブアップと自分に喝を入れ、根室方面へ!

釧路や根室もやっと暖かくなってきた。天気が良い日の運転は楽しい。窓を開け、コレクターズのCDをかける。なんだか車のCMに出ているみたいと自分に酔う。060630_093136060630_093520

トイレ休憩をとるため、

厚岸グルメパークに車を停める。

 

 

僕は、用をたして車に戻ろうとテクテク歩いていた。

車の近くに、本州ナンバーのバイク3台が停まっている。北海道へツーリングに来たのかデカイ荷物が積んである。

このバイクの持ち主であろう若いバイク乗り2人がこっちに向かってきた。

そして声を掛けてきた。「こんにちは!」

さすがバイク乗り。(僕も50cc命の原付乗りだしね)誰に対してもフレンドリーに接するそのスタイル。感動した。

僕も微笑んで「こんにちは」を返す。

「いや~、いい天気ですね~。」と言おうとした瞬間、僕は気付いた。

バイクの陰にグラサンのオヤジ座っていた。(彼らは僕に挨拶したのではなく・・・、このグラサンに挨拶していたのだ)

僕は時々こんな勘違いをする。

そしてナイスファイト!と自分を褒める。

今日も、仕事中ふっと思い出し、一人赤面した。

ビバ!ツーリング!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »