トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

高橋まんじゅう屋(帯広市)

今回も大判焼きのお店。帯広へ行ったときに良く立ち寄る創業1953年創業の老舗。

060622_154013_1帯広では知らない人がいないくらい有名で、いつも混んでいる。

ドリカムの吉田美和さんも通ったお店だとか。僕のオススメはやはり大判焼き。味は2種類。

大判焼き(あん)大判焼き(チーズ)

特にチーズは、大判焼きの中にトロトロのチーズ(チョットしょっぱいあの味ね)が入っている。うーん、美味い。060622_203640_1 生地も普通の大判焼きよりフワフワした感じ。

大判焼き(あん)   ¥90円

大判焼き(チーズ) ¥90円 

他に肉まん、カキ氷も売っている。

場所は電信通り沿い。僕が買いに行ったときにも、次から次へとお客さんが来る。

人気の証か、大判焼きチーズは5分のウエイト(マクドナルドバイト時代に良く使った言葉。5分待ってて!という意)だった。

最後に、ここは大判焼きでした。060622_154029_1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

モール温泉

帯広へ出張してきました。僕は帯広へ出張するとき、温泉付きのビジネスホテルに泊まります。(帯広のいくつかのビジネスホテルには、天然モール温泉の大浴場がついています。金額も5千円台からあり、とてもリーズナブル)

モール温泉とは、泥炭を通して湧出するもので独特の黒っぽい湯が特徴。060622_145545

世界でもドイツと十勝の2か所しかないめずらしい植物性の温泉とのこと。

一日の疲れを取るには温泉はサイコー。おまけに、時間的に早かったのか大浴場はガラガラ。小雨が降る中での露天風呂も格別!誰もいないのをいいことにスイスイと平泳ぎ。

黒褐色のお湯で顔を洗いながら、ブログの記事になるなぁと、そしてデジカメ持ってくればよかったかなと(最近は何かあればブログのネタ探しです)ボーとして時間をすごす。

さて、一汗かこうと(あまり得意ではない)サウナへ。ここで、ささやかなバトルが始まる。

先客が一人。中年のおじさん。一番熱いところに座っている。「お主やるな」と僕は心の中でつぶやき、そして入り口にある砂時計(サウナの時間を計る為に使う)に目を向ける。砂時計は2個あり、1つは10分間用、もう1つは5分間用。10分間用の砂時計は先客の中年おじさんが使っている。落ちた砂から判断するに1~2分前に中年のおじさんはサウナに来たのであろう。

僕は5分間用の砂時計を反(かえ)し、末席(熱元から一番離れた場所)へ座る。おじさんと目が合う。「この若造が」「そんな端に座りおって」「5分間だけか」という視線。そんな視線を無視し、ブログの記事を考える。サムライは常に平常心でいなければと動揺を隠し、瞑想する。しばらくすると頭がボッとしだす。ヤバイ。5分間用砂時計を見るとまだ半分も落ちていない。かなりキビシイ。おじさんは平然としている。おじさんが反(かえ)した10分間用砂時計も半分以上残っている。

こんなにも1分は長いのか、と僕。「おじさん、無理せずはやく出ていけ」と祈る。おじさんを見ると、寝てるの?ってくらい動かない。

ヤバイ。頭がボウッとしてきた。平常心でいられない。ホント限界。無理、無理。

僕は、うつむきながらサウナを後にする。おじさんの視線を無視する。砂時計から判断するにその時間は約3分。とっても長かった3分。

だって、サムライは引き際を大事にするものだから・・・、と言い訳。

僕は時々こんな勝負をする。そしていつも最後はナイスファイト!と自分を褒める。そして歌う、「明日があるさ」を!

ビバ!サウナ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

ニンテンドーDS

我が家にもついにニンテンドーDS Liteがやってきた。

釧路では 品切れもお店が多く、たまたま行ったお店に売っていたので即買い!

(他の地域では在庫ダブついてるかもしれないが)

 狙っていた水色060620_232904

店員に薦められ必要なのかわからないが、とりあえず「液晶フィルター」も購入。

ゲームに疎い僕でもやったことがあるマリオソフトも一緒に購入。

小学校のときに流行ったゲームウォッチ(2段になっていてパカッとなるやつ)を思い出し、技術の進歩を実感。

そうそう、今日はNHK教育趣味・ブログに挑戦の放送日。新聞テレビ欄では「マナーとルール」と書いてあった。今、実際にやっているがルール・マナーが全くわからないので興味が沸く。ただ、過去2回分も録画したまま見ていないので、今回も録画する。今週末には、3回分をチェックしなければ!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年6月17日 (土)

あま太郎(根室市)

昨日は根室方面へ営業に行きました060616_165802

根室に行ったら立ち寄るのがここあま太郎

根室の友人から教えてもらった大判焼き屋?さん。

もちろん大判焼きだけでなく、たいやきや中華まんも売っています。

その友人は、大判焼きのことを「あま太郎」だと思っていたらしい。060617_091839

本当はなんという名前なんですかね?

僕は小さい頃から大判焼きと呼んでましたし、人によってはおやきだったり。(ただ長野歴がある僕にとっておやきとは、小麦粉を使った野沢菜とか切干とか入ったものという感じがします)

オススメは、あま太郎チーズクリーム¥90 あま太郎くろあん¥80 あま太郎しろあん¥80

しかしあれですなぁ、ブログというものは大したもんです。

ブログ入門書にも書いてあったのですが、まさにブログは生活を変えてくれますね。ブログに書くためにいろいろなこと体験したり、また調べたり。面白そうなところあったらチェックしたり。実際、今まで、あま太郎が1個いくらかなんて知りませんでしたもん。値段が1個百円くらいとしか知らなかったけど、今回はブログに書くんだからと値段を調べました。ビバ!ブログ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

初トラックバック

ブログ入門の本とにらめっこしながらの初トラックバック!!ブログを始めたばかりの僕がいうのもなんですが、ブログって色々と活用できるのですね。遠く離れた仲間の様子がわかりますもんね。

これからは、『あっぽんぐち』さんのブログで新潟情報を得ていきます。たまに新潟へ帰るとびっくりすることも多いので。

去年は新潟空港でドカベンに会いました。山田太郎バンザイ!

060104_084244

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年6月14日 (水)

サムライブルー

昨日のサッカーW杯オーストラリア戦は残念でした。でもドラマチックにするための演出と考えてこれからも応援していきます。

「サムライブルー」という言葉を耳にすると蒼き龍こと蒼龍窟、河井継之助を思いだすのは僕だけか?

この最後のサムライ河井継之助を敬愛している方も多いはず。知らない人は『峠』(司馬遼太郎)を読むべし。

最近では、中村勘三郎の主演で日テレドラマコンプレックス「河井継之助 ~駆け抜けた蒼龍~」が、また、テレ朝で『島田紳助の2000年に喝っ!スペシャル!!「幕末を駆け抜けた驚異のオレ流サラリーマン・最後のサムライ河井継之助」』が阿部寛主演で放送されています。

タイトル『こし抜け武士』というフレーズも河井継之助が北越戦争に破れ会津に落ち延びることとなったときに、担架に乗せられ山越えをしながら自分の姿を自嘲した一句“八十里 こしぬけ武士の 越す峠”----越(越後)抜けと腰抜けをかけたトンチの効いた句----から取っています。

今回も少々ウザくなってしまいましたが、どうしても誰かに言いたくて・・・。

僕の中の司馬遼太郎最高傑作!『峠』!グレート河井継之助秋義!

峠 (上巻) Book 峠 (上巻)

著者:司馬 遼太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

峠 (中巻) Book 峠 (中巻)

著者:司馬 遼太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 峠 (下巻)

著者:司馬 遼太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月11日 (日)

初コメントありがとうございます

KOさん、初コメントありがとうございます。

なにぶん素人なもんで、誤字脱字もあるかと思いますが、暇なときにまた見に来てください。

お城情報は少々ウザイときがあるかと思いますが、ながしてお読みください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

竹老園 東家総本店

ひさしぶりに竹老園へ行く。いつも混んでいるので、混む前にと、11時頃に向かう。今回は、座敷ではなく、手前のテーブル席へ。

060611_110621お気に入りは『ぬき』!

岩井の金印ごま油を使ったごま風味たっぷりのお蕎麦。個人的には冷たい蕎麦がおすすめ!

僕は『ぬき』と『大もり』を頼む。

緑色がうつくしい。うまいッス。

060611_110943

観光バスで団体さんもドッと入ってきた。有名だもん。一度は行ってみるべし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

五稜郭(別名:柳野城)

Dscf0023

五稜郭の新タワーに行きました。

  

  

Dscf0016

新タワーの高さは107mで展望台は五角形になっています。

旧タワーに比べ、五稜郭をより高い位置から見ることができました。

 

混んでいるときに行ったからでしょうか、旧タワーの時も今回もエレベーター内はギュウギュウでした。

強化ガラスの床で下が見える「シースルーフロア」にびっくり。

  

---お城DATA---

五稜郭(別名:柳野城)

所在地  函館市五稜郭町

築城年代 安政四年(1857)~元治元年(1864)

築城様式 ヨーロッパ風堡塁城塞

地形種類 平城

遺構現状 土塁、石垣、堀ほか

ポイント  五稜郭タワーからの景色。時間があれば『四稜郭』もいかがでしょうか。

※行く前には、『五稜郭』DVD(日本テレビ系で放映され好評を得た‘時代劇スペシャル’)を見てから行くべし!

五稜郭 DVD 五稜郭

販売元:バップ
発売日:2000/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

初めて

初めてのブログ。第一回目は『お城』に関するコメントを書きたいと思っていました。

(予定では5月よりスタートするつもりだったのですが勝手がわからず・・・)

お城好きとしては、お城ブログにしたいものの、北海道に住んでいるとなかなか難しい。とりあえず日々の生活で感じたことや体験談を書き込もうと思います。

(1ヶ月遅くなりましたが)桜満開の弘前城。最高でした。弘前城は今回で3回目。好きなお城の一つ。もう写真撮りまくり。ホントに綺麗だったものの、人が多く写真には沢山の花見客が写ってしまいました。グレート!!弘前城!!Photo_1

| | コメント (2)

トップページ | 2006年7月 »